組合活動ニュース 
2022.05.27
総 会 第33回通常総会
日付:令和4年5月26日
場所:KKRホテル大阪14F「オリオン」
参加人数:41名


平山理事長の新体制で初となる第33回通常総会を大阪市中央区のKKR大阪14F「オリオン」で、41名出席で開催した。最初に平山理事長が「3年振りの対面での開催となったが、良かったと思う。ご報告することが3点ある。2025年の『大阪・関西万博』に組合として足跡を残せないか取り組みを始めている。2点目は『組合ビジョン』で1年かけて成文化した。3点目は組合として取り組むウクライナ人道支援で、個人・法人で任意で賛同して頂ける方がおられればお願いしたい」とあいさつした。次いで、平山理事長が議長となって第1号議案、令和3年度事業報告、損益計算書、財産目録、貸借対照表、剰余金処分案、監査報告、第2号議案、令和4年度事業計画、予算案を賛成多数で承認した。 続いて、OPG会報告(寶田理事)、大青会報告(天野会長)が行われた後、新組合員(協和商事・植田和隆社長)が紹介された。第二部の懇親会では、平山理事長の挨拶の後、菅野相談役の発声で乾杯し宴に入った。宴はコロナ感染対策も講じながら進み、村田副理事長の中締めでお開きとなった。




2022.05.18
大青会 第25回総会
日付:令和4年5月17日
場所:W大阪(大阪市中央区)
参加人数:14名


大青会は5月17日、大阪市中央区のW大阪で、「第25回総会」を開催した。最初に、雨宮会長が挨拶(司会・能登氏が代読)。「緊急ゴルフコンペより6か月を経た。本日、出席できない状況となりましたが、コロナ禍ながら皆様のおかげで3年間ここまでやってくることができました」とした。次いで、山田前会長が議長となり、1号議案令和3年度活動報告、決算報告、次期繰越金、監査報告の承認を求める件2号議案令和4年度活動計画設定、収支予算設定の件を審議し承認。3号議案「役員改選」では、会長・天野裕二郎氏、副会長・前阪敬人氏、会計・大濱光洋氏、総務・会計監査・井澤悠介氏が選任された。閉会の挨拶として、天野新会長が「コロナ禍ながら、大青会の良さとして、親睦・懇親を深め、勉強にも励んでいきたい」と抱負を述べた。小憩後、和やかに懇親会を開催した。





2022.03.04
セミナー 商品説明セミナー
日付:令和4年3月3日
場所:大阪産業創造館
講師:親和産業梶E且ト田清市商店、
   もりや産業梶Aアルマーク
参加人数:43名
@親和産業梶E且ト田清市商店-1(https://youtu.be/88UGJv8tgtY)
A親和産業梶E且ト田清市商店-2(https://youtu.be/ao82OjvLn5w)
Bもりや産業梶@       (https://youtu.be/7IIML1uvtyA)
Cアルマーク梶@       
(https://youtu.be/RhZA49tQtGc)




今回の「商品説明セミナー」では、親和産業梶E且ト田清市商店が共同開発の「環境対応製品紹介 エコハイブリッド デリバリーパック」を環境配慮の観点から、もりや産業鰍ェ「奇跡の食品成分 ワサビーが世界を守る」を防虫・防カビなどの実例を上げ、アルマーク鰍ェ「IOTを活用し産業用インクジェットではじめるSDGs」をSDGsの観点から、それぞれテーマにそって説明した。講演内容は後日、Webにて配信される。セミナーに先立ち、伊藤専務理事の司会進行により、平山理事長が「本日、コロナ禍にもかかわらず40名以上の方が参加されています。3テーマ発表頂き、YouTubeにアップします。本年、新年互礼会を中止致しましたが、5月の通常総会は開催する予定で、徐々に活動を始めて参ります」と挨拶した。セミナー終了後、第2回臨時総会が開催され、OPG・大青会報告のあと、閉会の挨拶を小椋副理事長が行ない午後7時25分頃閉会した。




2021.11.12
セミナー プラ包材動向セミナー
日付:令和3年11月11日
場所:大阪産業創造館
講師:フタムラ化学樺部統括開発グループ・グループリーダー・花市岳氏
参加人数:35名
➀プラ包材動向セミナー1(https://youtu.be/g0hD6uEPVRk)
Aプラ包材動向セミナー2(https://youtu.be/ldTkBCwo0a8)
Bプラ包材動向セミナー3(https://youtu.be/eIl1sNrmLJY)
Cプラ包材動向セミナー4(https://youtu.be/JezNoleslY8)


今回の「プラ包材動向セミナー」では、フタムラ化学樺部統括開発グループ・グループリーダー・花市岳氏が「環境問題等に対応するプラスチック包材の現状と将来」」をテーマに講演。世界の環境問題の動向からプラ包材の生産推移、日本の環境問題の現況と法制度の推移、さらにバイオ・生分解性プラ・紙包材の現況を述べた後、最後にプラスチック、プラ包材の有効性を強調した。講演内容は後日、Webにて配信される。セミナーに先立ち、伊藤専務理事の司会進行により、平山理事長が挨拶に立ち「このところ値上げのラッシュ、コロナの方は少し落ち着いているが、第6波も予想される。非常に残念だが、新年互礼会も今回は中止とさせて頂きたい。本日のセミナーも密にならないようにし、その代わり、後日YouTubeにて発信するので、希望者、社員様にも是非見て頂きたい」と挨拶した。セミナー終了後、第1回臨時総会が開催され、閉会の挨拶を小椋副理事長が行ない午後7時30分過ぎ閉会した。




2021.05.31
総 会 第32回通常総会
日付:令和3年5月28日
場所:日報ビジネス3F
会議室
出席=組合員出席11名、委任状14名

他、賛助委員3名、事務局1名出席


菅野理事長体制として躍進を続ける中、第32回通常総会を大阪市中央区の日報ビジネス3F会議室で開催した。今回も新型コロナウイルス感染防止のため、本人出席は三役及び理事、監事、委員長(賛助委員)のみのとし、委任状を含めた25名が出席しての開催となった。村田専務理事の司会進行により、最初に菅野理事長があいさつした後、議長となって第1号議案、令和2年度事業報告、損益計算書、財産目録、貸借対照表、剰余金処分案、監査報告、第2号議案、令和3年度事業計画、予算案を賛成多数で承認。 次いで、第3号議案、役員改選が行われ、平山理事長をはじめとする新役員が選出された。菅野前理事長が「6年間いろいろお世話になりました。後半の2年はコロナ禍で思うような運営はできなかったが、これも経験で、次の役員は新しい方向を模索して頂きたい」とあいさつした。平山新理事長は記念品を菅野前理事長に贈呈したあと、「新任理事長とし責任の重さを痛感しているが、皆様のお力をお借りし組合の発展を期していきたい 」と抱負を述べた。小椋副理事長が閉会の辞を述べた。その後理事会・運営委員会が開催され、今後の諸々の事業の開催についても討議した。




2021.03.08
セミナー 包装動向セミナー
日付:3月5日
場所:大阪産業創造館6階E会議室
講師:日報ビジネス椛蜊纒装編集部
   部長・渡辺広宣氏
参加人数:29名
講演内容を配信
包装動向セミナー1 軟包装、グラビア(https://youtu.be/u9B2liJRJO4)
包装動向セミナー2容器、シート (https://youtu.be/_RpBPSnvmFc)
包装動向セミナー3包装機、関連機器(https://youtu.be/66vNu9zjvbA)
包装動向セミナー4外装、ラベル、物流(https://youtu.be/TjNscJwQZdA)


今回の「包装セミナー」では、日報ビジネス梶u包装タイムス」大阪包装編集部部長・渡辺広宣氏が「“withコロナ”!『包装タイムス記者』が取材した業界リーダーが語る今年の行方」をテーマ講演。包装タイムス新年号のトップインタビューを軟包装、食品容器、外装など業界ごとに取り上げ、方向性を紹介した。講演内容は後日、Webにて配信される。セミナーに先立ち、村田専務理事の司会進行により、菅野理事長が挨拶に立ち「今回もリアルとWebの両建てで開催することとなりました。コロナ禍の状況が元に戻っていくかと思うとそうではなく、おそらく、今年もずっと続くので、私どもとしては新しい生活様式、新しいビジネススタイルを続けていく以外にない。コロナ禍、次年度も新しい計画のもと進めてまいります」と挨拶した。セミナー終了後、第2回臨時総会が開催され、閉会の挨拶を小椋副理事長が行ない午後7時20分頃閉会した




2021.02.09
総 会 第31通常総会(書面決議)
日付:令和2年6月17日
場所:日報ビジネス鰍RF会議室
参加人数:本人出席8名、書面決議含めて25名


菅野勝理事長体制として躍進を続ける中、第31回通常総会を大阪市中央区の日報ビジネス3F会議室で開催した。今回は、新型コロナウイルス感染防止のため、本人出席は三役及び理事、監事のみのとし、書面決議を含めた25名が出席しての開催となった。村田専務理事の司会進行により、最初に菅野理事長が「第31回通常総会は書面決議になり、事務局の方から会員の皆様に資料をお送りし、決議内容の認否を頂いておりますので、ご確認をよろしくお願いいたします」とあいさつした。次いで、菅野理事長が議長となって第1号議案(令和元年度事業報告、損益計算書、財産目録、貸借対照表、剰余金処分案、監査報告)、第2号議案(令和2年度事業計画、予算案)を書面決議により賛成多数で承認されたことを確認し確定した。 引き続き、理事会が開催され、今後の諸々の事業の開催について討議した。





2020.11.16
商品
説明会
商品説明セミナー
日付:令和2年11月12日
場所:大阪産業創造館6階E会議室
講師:ストラパック梶A伊藤敏梶A稲畑産業梶Eオルディ
参加人数:33名
講演内容等を会員・賛助会員に
Webにて配信(11月20日〜12月21日)


今回の「商品説明セミナー」では、ストラパック鰍ェ「紙製緩衝材現場製造システム『パドパック』のご紹介」、伊藤敏鰍ェ「ストレッチフィルム全自動包装機ラインナップのご紹介」、オルディ梶E稲畑産業鰍ェ「デンプン由来のバイオマス樹脂《NuPlastiQ》 のご紹介」をテーマにそれぞれ講演。環境配慮、自動化をテーマとした講演に関心を高めた。講演内容は後日、Webにて配信される。セミナーに先立ち、村田専務理事の司会進行により、菅野理事長が挨拶に立ち「コロナ騒動に振り回された1年だが、いつまでも自粛というわけにはいかない。運営委員会等で慎重に討議し、コロナ対策を十分に講じたうえで、リアルな商品勉強会と、後日、Webによる配信とハイブリッドな試みとなった」と挨拶した。セミナー終了後、第1回臨時総会が開催され、大青会報告(雨宮会長)、新入会員紹介(MMP JAPAN)が行なわれ、閉会の挨拶を平山副理事長が行ない午後7時35分頃閉会した




2020.01.10
その他 新年互礼会
日付:令和2年1月9日
場所:ホテル日航大阪
参加人数:137名
今回初めて、包装諸団体交流の一環として、大阪府紙器段ボール箱工業組合様から柏本聡之理事長、野村昌一・細川寿々雄両副理事長、北角尚弘専務理事が出席した。


恒例の新年互礼会を心斎橋のホテル日航大阪で開催した。組合員62名、賛助会員65名、報道など6名の他、今回初めて大阪府紙器段ボール箱工業組合から柏本理事長など4名が参加し、総勢137名で終始和やかで盛り上がりをみた。村田専務理事(双葉且ミ長)の司会進行で始まり、菅野理事長(もりや産業且ミ長)が「昨年12月22日組合設立30周年の佳節を迎えた。本年はこれに関連するイベントや勉強会などを多彩に展開していきたい。また、本日は包装に関連する諸団体交流の一環として大阪府紙器段ボール箱工業組合様から役員が参加されており、交流を図って頂きたい」」と新年の挨拶を行なった。次いで、堀髑樺k役(ホリアキ且ミ長)の乾杯の発声により宴会に入った。宴も進む中、お楽しみ新春福引タイムに移り、小椋副理事長(鰹ャ椋商店社長)、伊藤理事(伊藤敏且ミ長)、寶田理事(オルディ且ミ長)他役員が担当、賞品のズワイガニ、タラバガニ、明太子、鮭他海産物50点、商品券12本などの豪華な賞品が当たり会場は大いに盛り上がった。平山副理事長(潟Nオリス社長)が中締めの挨拶を行い、6時40分閉宴した。






2019.12.04
大青会 新会員歓迎会&忘年会
日付:令和元年12月3日
場所:オールデイダイニング リモネ
   (リーガロイヤルホテル内) 
参加人数:23名


大阪包装資材協同組合の青年会・大青会(雨宮貴志会長)は、12月3日、大阪市北区のリーガロイヤルホテル内のオールデイダイニング・リモネで、大青会「新会員歓迎会・忘年会」をOB会員含め23名参加し盛大に開催した。会は能登光博幹事の司会で始まり、雨宮会長が「大青会は正会員6名で出発したが、今回2名入会頂き、また令和元年に発足したサポート会員も6名参加頂き14名の陣容となった。AIなど時代は変化しても新しい発想が大事であり、それは人のつながりとコミュニケーションだと思う。大青会をこうしたコミュニケーションの場を設けることにより更に拡大していきたい」と挨拶。次いで、ベトナム研修を手配したJTBの竹内雪乃さんが仮サポート会員の意思も含めて挨拶。雨宮会長の発声で乾杯し宴に入り和やかに歓談が進む中、新会員・サポート会員が挨拶。中締めを天野副会長が行い、お開きとなった。